2017年07月05日

歯石除去でドッキリ

プログ更新がめんどくさくなってきたな〜。
でも、記録のために今日は載せます。


お口のくさ〜いすみれさん、
ずいぶん前から歯肉炎で悩んでおります。

歯肉炎になってから麻酔をかけての
歯石とりもしました。
でも、あっという間に歯石はついてしまいます。
唾液の質で歯石つきやすい体質のようなんです。


歯茎が痛いからなのか歯磨きは拒みます。
よく手入れできないから、
とんでもなく歯石がこびりついてしまい、
ますます歯肉炎が進行…
という悪循環。



歯茎が後退して犬歯の根っこがでてきていて
穴が空いたようになっているところに
ゴハンがつまってしまいます。
それを取るのに毎回虐待のように悲鳴をあげられます。
憂鬱な毎日。



以前歯石とりをしてもらったときに
「ダメそうな歯は抜いてください」と
お願いしたのだけれど
「グラグラでどうしようもない歯以外は抜かないよ」
と言われてしまいました。


トリミングの時に歯磨きもしてくれているトリマーさんから
「○○動物病院ならやってくれるかも」と助言をいただき
評判の良いその病院へ行ったのは5月中旬。


結果として、歯を抜くと鼻に通じる穴があいてしまい
縫ってもうまくいかない場合があり、かえって危険、
と言われてしまいました。
今は様子見するか、歯石除去するか、という選択しかないと。


悩んで悩んで、悩んで〜
一昨日に歯石除去手術してもらいました。

その前に血液検査と健康診断してもらったところ
歯茎の炎症からくるであろう炎症の数値が若干高めなだけで
他は正常値。
いつも低い数値の出る「血糖値」も正常でバンザーイ!
心臓も今の所は大丈夫!!

麻酔に対する恐怖はあまりなかったものの
12歳だから、これが最後の歯石とりでしょう。


綺麗になった歯。
良かった、良かった〜。



な、はずだったのですが、
帰って来てから
お口をブファブファっと。

前歯と下の犬歯が抜けたから
違和感があるのだろうと思っていたのですが
だんだん酷くなり
昨夜には咳のようになってしまいました。
一晩に何度も咳き込んで
すみれも私たちも寝不足。


麻酔の副作用? 後遺症??
歯石のバイキンがカラダに入っちゃった?
怖がりのすみれには相当ストレスだった?
心臓がおかしくなった??
やっぱり歯石除去なんてしなきゃ良かったのか??



もう心配で心配で朝を迎えて
病院へ行って来ました。


結果、心臓・肺には異常なし。
考えられることとして
麻酔をするときに気管にチューブを入れたので
その刺激によるものかもしれないと。


あ〜〜すみれは気管が弱いのです。
首輪もできません。
首を強く触ってもゲホっとなります。

それが原因なら
術後の抗生剤を飲んでいるので大丈夫だろうけど
念のためということで炎症を抑える注射を
チックンしてもらいました。


心臓とか肺の病気じゃなくて良かった〜。
安心したら診察室で泣きそうになったよ。



DSCF7647.JPG
寝不足と病院での緊張でグッタリのすみれ。



まだまだ注意して様子見ですが
ひとまず安心。

こんなこともあるんだなってことで
書かせてもらいました。
おもしろくない長文、ごめんなさいです。


すみれー、
こっちの心臓がやられるから
心配かけないでよね。

ニックネーム すもも at 14:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする